スポーツミュージカル「energy」~笑う筋肉~

CAST・STAFF

【作・演出・振付】
中村龍史

中村龍史

中村龍史(なかむら りょうじ)
演出家・振付家・エンターテインメント作家

1951年上野生まれ。劇団四季の4期生を経て俳優修行。
1981年、コンサートの構成・演出・振付を一人で手掛ける演出家としてデビュー。コンサートに演劇的な要素を取り入れ、卓越したアイディアとストーリー性のある振付で、松任谷由実、小林幸子など、時代のアイドルからアーティストまで、数多くの舞台をショーアップし、コーラス、バンド、ミュージシャン、観客まで共に踊る、今では当たり前のようになっている観客参加型のステージを確立した。1989年には、Epic SONYからの要請で、歌って踊るアイドル集団の先駆け・東京パフォーマンスドールを誕生させた。『Popな宝塚』を目指し、吉本興行と共に大阪パフォーマンスドール、中国・上海で上海パフォーマンスドールと立て続けに手掛けた。その守備範囲の広さとクオリティーの高さから、各方面で高い評価を獲得し、その後、ミュージカル・演劇・国体の開会式(大阪なみはや国体)・日中合作オペラなどの、多岐にわたる演出・振付で300本以上の舞台を創りだしている。
2001年12月、日本発のノンバーバルの(台詞のない)オリジナルエンターテインメント「筋肉(マッスル)ミュージカル」を創り上げ、2007年の夏まで構成・演出・振付を手掛けた。日本人の創るオリジナル・ショウとしては初のラスベガス公演『MATSURI』を二度に渡り成功させた。(*2006年3月1日~4月29日リビエラ・ホテル&カジノ*2007年5月20日~11月11日 サハラ・ホテル&カジノ)
2008年から、アスリートをエンターテイナーに育成し、三世代で楽しめるステージを追求する中村JAPAN D C を主宰し、実験的な表現に挑んでいる。
2017年、演出・振付を手掛けた富良野GROUP特別公演「走る」(作・共同演出:倉本聰)は1年間のワークショップのドキュメンタリーと共に話題を集めた。現在も『笑い』と『明日への活力』をテーマにノンバーバルで身体を駆使した舞台、日本発のオリジナルエンターテインメント創りに邁進している。
2018年、スポーツミュージカル「energy」〜笑う筋肉〜の、出演者オーデイション、ワークショップを始める。

2019年、3月、「energy」クールジャパンパーク・T Tホールの柿落とし公演。 11月、同ホールにて再び「energy」公演。

2020年1月22日 逝去

 
*著書 遺伝性の病と共に生きる初の自伝『満身ソウイ工夫』
*テレビ朝日 [倉本聰作・やすらぎの郷]
  「やすらぎ体操・第一」「やすらぎ体操・第二」の作詞・作曲・振付
*energy健康リズム体操の作詞・作曲・振付

スタッフ

音楽
八幡茂 松谷卓
照明
原田保
美術
中村公一(CAT)

コーチ兼出演

  • TERU
    TERU
  • TERU
    おかえいり
  • 相川舞
    相川舞

出演

  • 伊東美優香
    伊東美優香
  • KUNI RX
    KUNI RX
  • 黒田陽介
    黒田陽介
  • SHADAI
    SHADAI
  • 城向麻矢
    城向麻矢
  • 高尾侑希
    高尾侑希
  • 武子展久
    武子展久
  • 種村和也
    種村和也
  • 長江凪砂
    長江凪砂
  • 中村幸輝
    中村幸輝
  • 林里栄
    林里栄
  • 平田敦士
    平田敦士
  • 福井幸夫
    福井幸夫
  • 福ちゃん
    福ちゃん
  • ボブ
    ボブ
  • 前川剛志
    前川剛志
  • 松本礼
    松本礼
  • 真夏
    真夏
  • モーゼス夢
    モーゼス夢
  • 山口寛文
    山口寛文
  • 吉川健斗
    吉川健斗
  • 吉田綾花
    吉田綾花

※出演者は、変更になる場合がございます。